愛と癒しの名言サロン
愛と癒しの言葉で本物の深い愛を感じ 毎日笑顔で楽しく暮らす
本日の一言

自分が正しいと思うことをすれば良い

今日も一日スマイル&ハッピー☆こんにちは!さちです☆

今日の一言は「正解」も「間違い」もないのだからあなたが正しいと思った事をすれば良いというお話しです。

 

様々な人が現れる

 

新しいことにチャレンジをしようとすると、「良い」「悪い」ではなく様々な人が現れます。私も今までの人生で新しい事をしようとすると、止めようとしたり邪魔をしようとする人が現れる、と感じていました。

しかし本当に良い人、悪い人がいるのでしょうか?そう感じているだけなのかなと今の私は思います。

 

正直に言うと私は今まで出会ってきた友人を「良い人」「悪い人」と判断してきました。Aさんは良い人、Bさんは悪い人そうやって自分の中で他人のことを区別していました。

 

でも本当はこの世の中には「良い人」も「悪い人」もいなくて、自分の都合を相手に押し付けているだけなのです。

すなわち・・・良い人と言うのは「自分にとって都合の良い人」であり、逆に悪い人というのは「自分にとって都合が悪い人」というただそれだけのお話です。

 

あなたが判断したその「悪い人」はなぜあなたにとって都合の悪い人なのでしょうか?あなたが思うような行動をしない、あなたが思うような答えが返ってこない、そういう人だと言うことです。

 

(あなたのものさしでの普通)

普通こう言うときはこうするでしょう?

こう言うことをするなんて性格が悪い

こういう時になんでそんな事言うのかな?

こう言うことするなんて常識外れだ

言っていることとやっていることが違う。信じられない。

 

これらは自分自身の概念の中での規定であって、その人の概念とは違うのです。それを無理やり自分の物差しにはめ込む必要はないのです。

自分の概念と違う人と出会った時は、「この人はこういう人なのね」それだけです。それ以上でも以下でもないですし、それを良い・悪いと判断する必要はありません。

人に嫌われたくない?

 

私が今のビジネスを始めると決意した時も、私の前にも様々な人が現れました。その中で私が学んだことが一つあります。

今までの私の人生はいかに人に嫌われないように生きていくかだったことに氣付かされました。人に嫌われたくない私は、AさんにもBさんにも良い顔をしなければいけません。

しかし、実は皆に好かれようとする人は、誰からも好かれないのです。なぜなら信頼できないからです。

 

そして実際私の前にもそれが試されるような状況が起きました。当時私が信頼していた先輩の悪い噂話をする人と直面しました。

もともと他人の悪口や陰口を聞くのは好きではありませんでしたが、昔の私はそれに同調しないと、この人たちから嫌われるのではないかと思い、自分の意図と反していても同調していました。

 

しかしこの1年多くの先輩たちと出会ってきたことで、自分では氣付いていませんでしたが自然と何かが変わっていた私は「私の知っているAさんはそう言う人ではありません。それが噂話なのか事実なのかはAさんに確認します」とはっきり言うことができました。

 

知らず知らずのうちに自分に自信が持てていたのでしょう自分の中で正しいものは正しい間違っているものは間違っていると言えるようになっていたのです。

 

嫌われたくないからと言って、適当に相槌を打っていたら私が信頼している先輩からの信頼も失うことになっていたと思います。

すべてのことにおいてあなたの魂に聞いてみてください。これをすることがあなた自身に嘘をついていないか?

人は社会の中で生きていくと知らないうちに忖度をしていることがあります。この人に同調しておけば自分にとって利益があるかもしれない。この人に嫌われると後々面倒になる。

それはあなた自身に正直に生きているとは言えないと思いませんか?

 

この世の中の人全てに気に入られることなんて不可能なのです。他人は自分とは違う、全て違う考え方、違う人の中で生きているということを理解しましょう。

 

信じれば信じてもらえる

 

自分の気持ちに正直になるという事と同時に私が今回学んだことの一つは、自分が相手を信じると、自分も信じてもらえるという事です。

結果的に私は今回誰を信じるのか、という問いを宇宙から投げかけられたと思っています。以前の私のように両方の肩を持てば、結果誰も信じていないのと同じことになったでしょう。

 

しかし今回私は自分の心の奥底にあった

私はこの人から色々教わりたい。だからこの人のことを信じてついていこう

そう思った気持ちを大切にしようと思いました。

 

人は自分を映す鏡と言いますが、鏡の中の自分は決して先に笑いません。笑って欲しければ自分が先に笑わなければいけないのです。

過去の私は、「なんで私には本当に信頼できる友達が少ないんだろう」そう思っていましたが、それは自分が友人たちを本気で信頼していなかったからなのです。

 

自分が心を開かなければ相手も開きません。

自分が相手を信じなければ相手にも信じてもらえません。

 

かつての私がそう思っていたように、相手のことを信じることができない多くの人はこう思っていると思います。

 

自分が相手を信じて万が一裏切られた時傷つきたくない・・・

 

これは残念ながら自己中心的な自分のエゴです。私の事は信頼して欲しいけれど、私があなたのことを信頼するかどうかは私の勝手です。もしかするとあなたは私のことを裏切るかもしれないから、まだ信じません。

いわゆる試験ですね。相手の忠誠心を問う、この人は果たして本当に私に忠誠を誓うのか?そういう気持ちでいるのと同じに感じませんか?

 

私はこれに気がついた時そういう気持ちになりました。

私ってなんて性格が悪かったんだろうって(笑)

 

自分自身がこの人を信じようと思っているのですが、自分のことを信じてあげましょう。まずは信じるところから始めなければ何も始まりません。

 

自分軸・他人軸

 

道徳的な問題は別として、何が正しくて何が正しくないかは自分自身にしか分からないのです。それを私は今まで他人に委ねてきました。

様々な場面で自分では決断ができず、どうしたら良いのかを他人に決めてもらっていたのです。しかし本当であれば「自分はどうしたいのか」は自分の中にしか答えがなく、自分に問わなければいけないのです。

 

かつての私のように「自分が考える正しい事」を決められず「世間一般が考える正しい事」を基準に物事を決めてしまう人が今たくさんいると思います。

これがいわゆる他人軸です。他人に自分の人生を決めてもらっていいのでしょうか?

 

自分のことは自分自身に聞いてみてください。あなたが本当にやりたいこと、望むことは何なのか。正しい、間違い、はありません。

あなたが正しいと思うことと、Aさんが正しいと思うことは違くて良いのです。あなたがしたいこととAさんのしたいことが違って良いのです。

 

正解はあなたの心の中にしかありません。

勇気を持ってあなたが正しいと思うことをしましょう。

 

 

ABOUT ME
さち
さち
今まで「他人軸」でしか生きてこなかった私は常に他人からどう思われるかということばかりを気にして生きてきました。 そんな私も周りの人の手を借りて、今は毎日が楽しくて仕方ありません! そんな私が経験してきたことや学んできたことをここで皆さんにシェアできればと思っています。