愛と癒しの名言サロン
愛と癒しの言葉で本物の深い愛を感じ 毎日笑顔で楽しく暮らす
本日の一言

鏡は先に笑いません

今日も一日スマイル&ハッピー☆こんにちは!さちです☆

 

今日の一言は人は自分を映す鏡です。

何そんな平凡な言葉・・・。知ってるよ・・・。

なんて言われそうですが、知っていますが本当に理解していますか?

 

微笑んでもらいたければ先に微笑みましょう

 

他人は全て自分を映す鏡なのですから、

鏡は決して先には笑いませんよね。

むしろ先に笑ったら怖いですが(笑)

 

相手に笑顔で接して欲しければ自分が先に笑いましょう。

相手に優しく接して欲しければ、自分が先に優しくしましょう。

 

それで相手が自分の思うような反応じゃなかったとしても

それをずっと続けましょう。

きっといつかわかってもらえる日がくると思います。

 

もしもわかってもらえる日がこなかったとしても、

あなたのその微笑みや優しさがあなたにとって損失をもたらしますか?

 

万が一あなたの心が「折角私が微笑みかけたのに無視かよ!」と思ったとしましょう。

そう思うのであれば初めからやらないことをお勧めします。

 

これは見返りを求めてすることではないからですし、

あなたは自分の心に嘘をついていることになるからです。

 

挨拶だけではありません。

優しい行動だったり、相手への親切心だったり

他人への配慮だったりは自分の本心からすべきです。

 

言葉もそうです。本当に思っていることだけを言いましょう。

心にもないお世辞を言っても意味がありません。

 

自分を上に置いているから腹が立つ

 

もしあなたが他人に言われた言葉にイラっとしたり

腹が立ったりする場合、それも同じく鏡の法則です。

 

そしてあなたは自分自身で、私はこんなに頑張っているのに

とかなんで私のことを理解してくれないの?とか

あなた何を言ってるの?と思ってイラッとしますよね?

 

これは・・・あなたは自分のことを上に見ているからです。

あなたが自分のことを相手より下に思っていたら、

相手に言われたどんな言葉も勉強になる、とか

為になるとか、私のために言ってくれていると思いませんか?

 

そう!これも全て鏡の法則です。

自分が相手から学びたいと思えば相手の言葉が学びになります。

自分が相手に負けたくない!と思えば喧嘩になります。

自分が相手を馬鹿にしていれば、相手も自分を馬鹿にします。

 

時には理不尽なことを言われる時もあるでしょう。

でも一度深呼吸をして、

もしかしたら・・・?

そうなのかもしれない・・・?

と思ってみてはいかがですか?

 

他人を否定する=自分を否定する

 

例えばあなたが昔から仲良くしている友人がいるとします。

あなたは自身の事業で成功をして彼らよりもよい収入を

手に入れたり、様々なものを手にしたとしましょう。

 

そんな時によくあるのが、あいつらまだあんな馬鹿なことしてる

と思うこと、それはあなた自身を否定しているのと同じことになるのです。

 

あなたが彼らを否定すると、昔の自分を否定することになり、

あなたは自分のレベルが上がることに、昔の友達たちを切り捨て

新しい人間関係を築かなければいけなくなります。

 

そうではなくて・・・

昔のあなたの友人も、

そういう時もあったよね、そういう生き方もあるよね、

と全てを受け入れてあげることによって

他人だけではなく自分自身を受け入れてあげることになりますよ。

 

今日も1日笑顔で楽しい日でありますように🎵

ABOUT ME
さち
さち
今まで「他人軸」でしか生きてこなかった私は常に他人からどう思われるかということばかりを気にして生きてきました。 そんな私も周りの人の手を借りて、今は毎日が楽しくて仕方ありません! そんな私が経験してきたことや学んできたことをここで皆さんにシェアできればと思っています。