イチロー

イチロー

 

苦しみを背負いながら

毎日小さなことを積み重ねて記録を達成してきた。

苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら

挑戦する事が勝負の世界の醍醐味だ。

 


 

結果が出ない時どういう自分でいられるか

決してあきらめない姿勢が何かを生み出すきっかけを作る

 


 

第三者の評価を気にした生き方はしたくない

自分が納得した生き方をしたい

 


 

自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会った時に

「おっ!自分はまだまだいける」と思います

 


 

考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまう事になります

 


 

大切なのは自分の持っているものを活かすこと

そう考えられるようになると、可能性は広がっていく

 


 

自分が全く予想しない球が来たときにどう対応するか、それが大事です。

試合では打ちたい球は来ない。

好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。

 


 

自分にとって満足できるのは、少なくとも誰かに勝った時ではない

自分が定めた目標に達成した時です

 


 

自分を殺して相手に合わせることは僕の性には合いません

まして上からいろいろ言われて納得せずにやるなんてナンセンスだと思います

 


 

色んな世界のトップの人たちに会いましたけど

みんな口を揃えて言いましたよ

自分の為にやっているって

 


 

メジャー選手の凄いところは「あっ凄い選手だ」と認めたら

2,500本もヒットを打っている選手でも聞きに来るんですよ。

自分のプライドを固持しないでまだ学ぼうとする。

それには恐れ入りました

 


 

個人的に「成功」という言葉が好きではありません。

それはあまりにも感覚的であり、相対的です。

そしてそれは自分自身ではなくたいてい他人が作った定義です。

 


 

苦悩というものは前進したいって思いがあって

それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。

だから苦悩とは飛躍なんです

 


 

「できなくてもしょうがない」は終わってから思う事であって

途中にそれを思ったら絶対に達成できません

 


 

自分の器が広がっているとは感じていません

自分の能力をどれくらい発揮できるかが変わったと思います

 


 

やれることは全てやったし、手を抜いたことはありません

常にやれることをやろうとした自分がいた事

それに対して準備した自分がいたことを誇りに思っています

 


 

僕は天才ではありません

なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです

 


 

どんな状況でも一定のラインをクリアできるのがプロです

 


 

メンタルな部分が及ぼす肉体への影響はとてつもなく大きい

 

1 2
ABOUT ME
さち
さち
自分で決められない すぐ他人に相談する 他人の言葉に直ぐ惑わされる 常に何が正しいのかを考える 悩んでも仕方のない事をどんどん悪い方向い考える こんな私が毎日楽しく幸せに生きてます。 今の私は、自分が楽しい事 したいことをベースに生きています。 自分自身の体験から学んだこと、思ったことを書いています。