松下幸之助

松下幸之助(1894年11月27日~1989年4月27日)

日本の実業家、発明家、著述家 パナソニック創設者

写真出処:松下幸之助.com

 

 

 

 

生い立ち

 

1894年11月27日、和歌山県に、小地主松下政楠・とく枝の三男として出生。1899年頃、父が米相場で失敗して破産したため、一家で和歌山市本町1丁目に転居し、下駄屋を始めた。しかし父には商才がなく店を畳んだ。

 

幸之助は尋常小学校を4年で中退し、9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公に出された後、奉公先を五代自転車に移した。この経験は後にパナレーサー社設立のきっかけになった。

 

自転車屋奉公時代、来店客に度々タバコを買いに行かされた経験からいちいち買いに出かけるより纏め買いして置けば、すぐタバコを出せる上、単価も安くなるため、これを利用して小銭を溜めた。

 

しかしこれが丁稚仲間から反感を買い、店主にやめるよう勧められたために纏め買いはやめる。この頃から商才を顕すと共に、独り勝ちは良くないとも気づくようになった。

 

大阪市に導入された路面電車を見て感動し、電気に関わる仕事を志し、16歳で大阪電灯(現:関西電力)に入社し、7年間勤務する。当時の電球は自宅に直接電線を引く方式で、電球の取り外しも専門知識が必要な危険な作業であったため、簡単に電球を取り外すことができる電球ソケットを在職中に考案する。

1913年に18歳で関西商工学校夜間部予科に入学した。1917年、大阪電灯を依願退職した。

 

会社創業

 

大阪府の自宅で、妻と、その弟および友人2名の計5人で、同ソケットの製造販売に着手後扇風機の部品を大量に受注したことにより窮地を脱した。

 

1918(大正7)年に大阪市で松下電気器具製作所を創業。電球ソケットに続き、カンテラ式で取り外し可能な自転車用電池ランプを考案し、これらのヒットで乾電池などにも手を広げた。1929年の松下電器製作所への改称

 

1932年事業拡大のため土地が広い門真市に本社・工場を移転した。当時、門真市から枚方市にかけての地域は大阪市内から見て鬼門に当たるとして開発が遅れていたが、東北に細長く延びる日本地図を指して「日本列島はほとんどが鬼門だ」と述べて断行した。1935年には松下電器産業株式会社として法人化した。

 

1946年11月「Peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を設立し、倫理教育に乗り出すことで世評を高めた。内部留保を取り崩して人員整理を極力避けたことを感謝した労働組合もGHQに嘆願したため、間もなく制限会社指定を解除され、1947年に社長に復帰する

 

晩年

 

1973年、80歳を機に現役を引退し、相談役に退いた。1979年、私財70億円を投じて財団法人松下政経塾を設立し、政界に貢献しようとした。

1989年4月27日享年94歳で死去。死亡時遺産総額は約2450億円で、日本で最高とされている

 

「経営の神様」として数々の功績が語り継がれており、経営者のみならず多くの人たちが彼の名言から仕事から人生においてまでを学んでいる。

 

wikipediaより