自己紹介

 

今日も一日スマイル&ハッピー☆こんにちは!さちです☆

数あるサイトの中から縁あってここにたどり着いて頂いた皆様に心から感謝いたします

 

【自己紹介】

名前:さち

性別:女性

居住地:地球

好きなこと:旅行、音楽、運動

よく考える事:生と死について、人生について、宇宙について、肉体と精神について

 

 

私、さちがどのような人生を歩んできて、どのように変わっていったのかここで少しだけお話したいと思いますのでお付き合いください。

 

他人の目を気にしすぎる

 

私は子供の頃から手のかからない子だと言われて育ってきました。もちろん私自身はそんな認識もなく幼少期を過ごしていたのですが・・・

自分が変わりたい!!そう思った時に、どうして私はこんなに他人の軸で生きているんだろう・・・そう思って自分自身に問いかけ続けていた時に出てきた答えはこれでした。

 

親を困らせてはいけない

だからいい子でいないといけない

わがままを言ってはいけない

 

でもこれに氣付くまでの私は、自分は好きなように生きてきた、そう思って(信じて)いました。自分は好きなように生きているフリをしていただけだったんです。

 

日本での生活が苦しいと感じていた私は、海外に出れば私は自由、自分の意見も言えるし、他人の目を気にする事もない、そう信じていました。

でもある日ふと氣付いちゃったんです。あれ?日本の習慣や生活が苦しくて出てきたはずなのに、海外でもやっぱり私人目を氣にしている?

 

生きづらいと思っていた原因は日本で暮らしていたからだと思っていたけれど、実はそうではなかったのかもしれない・・・。もしかすると自分自身の問題なのか?

そう考えるようになった私は毎日自分自身と向き合う習慣をつけるようにしてみました。

 

どうして私は自分の意見が言えないのか?

どうして他人の顔色ばかりうかがってしまうのか?

 

自分自身に何回も何回も聞いているうちにやっと答えが出てきたんです。それは、父親に怒られないよう母親を困らせないよう他人から嫌われないよう、と強く思っていた自分がいました。

 

他人軸

 

そんな私は今までの人生の判断はほぼ他人軸でした。いわゆる「他人からどう思われるか」それが私にとって一番大事でした。自分がどうしたいか、ではなく他人からどう思われるか、私にとってはこれが全てでした。

 

自分が着たい服を着るのではなく、この服を着ている自分がどう思われるか

自分のしたい事ではなく、これをしていると他人にどう思われるか

 

就職も趣味も全てにおいて他人にどう思われるか、これが私にとっての判断基準でした。

 

ちなみに他人軸で生きていると、あっちにもいい顔しないといけないし、こっちにもいい顔しなければいけなくなり、結局は誰からの信用も得られなくなるのですが昔の私にはそんな事気が付く余地もなかったのですね。

自分が超大事な、自分だけを守りたい、ジコチュウ星人でした(笑)

 

 

変わりたいと思う

 

そんな私でも、本当に心の底から変わりたいと思いました。あまりにも私の周りに素敵な、素晴らしい人が沢山いて、自分自身の存在が嫌になったのです。

これも今思うと宇宙の采配だったんだなぁと思います。こんなに素敵な人に囲まれて、一緒にいられるという事はあなたも素敵な人だって氣付きなさい、って。

でも当時の私はどんどん自信がなくなっていったんですね(笑)私の周りの人こんなに素晴らしい人なのに、なんで私だけ・・・って。

 

でもね、私の周りの人が素敵だということは、私も同じだけ素敵なのです。もしあなたも同じ様に思っているとしたら、氣付いてください。あなたの周りにすごい人がいるのであれば、あなたもすごいのです!!

 

 

そんな中、私は2018年にバリの兄貴こと、丸尾孝俊さんと出会うことになります。私は兄貴と会うツアーに参加していましたが、そのツアーに参加していた皆が私には本当に輝いて見えました

そして丸尾さん本人ももちろんものすごく輝いて見えましたし、こんなに愛情の溢れた人に会ったことがない、これが私の第一印象です。

 

どうしたらこんなに他人に愛情を注げるのだろうか。

私もこういう風に他人に愛情を注げる人になりたい。

 

この出会いが私にとってまず初めに私も変わりたい!そう思うきっかけになったことは間違いありません。そしてその丸尾さんとの出会いの後に、次々と魅力的なメンター出会うことになりました。

 

クンダリーニレイキとの出会い

 

そして丸尾さん、様々なメンターとの出会いの後に私が出会った衝撃的な出会い、それがクンダリーニレイキです。レイキとは?それは下記の記事を読んでみてください。

クンダリーニレイキとは

 

レイキと出会った私に起きたことは本当に衝撃でした。見るもの、食べるもの、感じるもの全てに愛を感じ、全ての人、事、物に感謝する気持ちが生まれました。

 

バリ島・ウブドで師匠にレイキを伝授してもらった時の事は今でもはっきり鮮明に覚えています。感謝と幸せと愛が心の奥底から溢れ出てきて涙が止まりませんでした。その後何日にも渡り、まるで生まれたてのヒヨコの様に目の前に見える全ての景色に感動し涙する日々が続きました。

 

この世の中には私と同じように生きづらさを感じながらも、無理やり自分に鞭を打って生活している人が沢山いると思います。

 

もしあなたの余命が後半年だったとしても、今あなたが感じている辛い事続けますか?

 

あなたがこのブログを見てくれているという事は、あなたは今きっかけに出会いました。人は周りの人や、出会った人で簡単に変わりますよ。

 

最初の一歩を踏み出すのは少しだけ勇気がいるかもしれませんが、是非私に会いにきてみてください。バリ島には来れないという方は、オンライン上で会いにきてみてください♪